南九州・南西諸島域共創機構棟/多機能実証ラボ利用手続き

南九州・南西諸島域共創機構棟に設置された多機能実証ラボ「KYOSO70 Lab.」は、地域の産学官連携活動の中核的拠点として、発掘・収集・集約された地域課題の研究テーマ化に向けた学内外関係者との協議のほか、地域企業との研究開発機会の拡大及び研究成果の可視化(試作・プロトタイピング)による事業化支援の充実、研究成果の試作機会の確保、その他研究成果の情報発信等を行う施設です。以下の手続きにより,利用することができます。詳細は「鹿児島大学産学・地域共創センター多機能実証ラボの使用に関する要項(pdf)」をご覧ください。

対象施設

施設番号 施設名 標準席数 面積(m2) 使用条件 フロア
1 セミナー室 84 160 飲食不可 2F
2 ミーティングルームA 12 19 飲食不可 1F
3 ミーティングルームB 6 13 飲食不可 1F
4 多目的スペース 24 88 飲食可 1F
5 キッチンスタジオ 飲食可 1F
6 プロジェクト実験室 22 飲食不可 1F

※各室の物品等は要項別表2を参照ください。

申請手順

1)学内教職員:使用予定日6ヶ月前から10日前までに「多機能実証ラボ使用願」提出により予約可。

  1. 利用希望者は,電話・メール等で産学・地域共創センターに「利用日時,利用施設」を伝え,空室状況を確認する。
  2. 空室が確認された場合,利用希望者はメールで「利用日時,利用施設,利用目的,利用責任者氏名,連絡先,利用者数」を伝え,遅滞なく「多機能実証ラボ使用願」を提出する(仮予約)。
  3. 決裁後,「許可書」が発行され,予約受付完了となる。

2)学外者:使用予定日6ヶ月前から10日前までに「不動産一時貸付許可申請書」提出により予約可。

  1. 利用希望者は,電話・メール等で産学・地域共創センターに「利用日時,利用施設」を伝え,空室状況を確認する。
  2. 空室が確認された場合,利用希望者はメールで「利用日時,利用施設,利用目的,利用責任者氏名,連絡先,利用者数」を伝え,遅滞なく「鹿児島大学不動産一時貸付許可申請書」を提出する(仮予約)。
  3. 産学・地域共創センターの活動に資する取組である場合は,施設等使用料の半額免除を申請することができる。(「施設等使用料半額免除申請書」を提出する。)
  4. 決裁後,「許可書」が発行され,使用料入金確認後,予約受付完了となる。

申込先

産学・地域共創センター 連携推進部門
電話 099-285-8491 / FAX 099-285-8495
メール liaison01(*)gm.kagoshima-u.ac.jp

※メール送信の際は(*)を@に変更してください。

利用にあたっての注意事項

利用者の皆様には新型コロナウイルス対策のため,以下の対応をお願いいたします。

1)三密を回避すること

2)利用者名簿を作成し,提出すること

3)使用後の片付け,掃除,消毒を行うこと

関係書類

 

サイト内検索