鹿児島大学では、島嶼を抱える鹿児島を中心とする南九州地域の産業振興、医療・福祉の充実、環境の保全、教育・文化の向上など、地域社会の発展と活性化に貢献することを目指して、2018年 4月に「南九州・南西諸島域共創機構」を設置しました。また、同機構の下には、これまでの産学官連携推進センターとかごしまCOCセンターが有してきた機能と学外との連携強化を図るため、「産学・地域共創センター」を併せて設置しました。

産学・地域共創センターでは、研究シーズと地域ニーズとのマッチング、自治体等との協働による地域課題の解決とその成果を活かした地域人材育成及び地域再生、事業化が見込まれる研究プロジェクトの支援、知的財産の創出、保護、管理及び活用、地域ニーズに即した生涯学習機会の提供等の活動を行ってまいります。更に2018年度から国立大学法人機能強化促進費で措置された「南九州・南西諸島域の地域課題に応える研究成果の展開とそれを活用した社会実装による地方創生推進事業」を推進します。
南九州・南西諸島域共創機構の建物には、同機構を構成する地震火山地域防災センターに加え、 URAセンターが置かれ、学外組織である(株)鹿児島TLOと(公財)かごしま産業支援センター・産学官連携課が入居しています。また、鹿児島県をはじめとする自治体や金融機関、企業団体等の皆様との連携協働体制も強化されつつあります。今後より一層、緊密な連携の下、産学・地域共創センターが司令塔となって鹿児島県内における地域活性化を推進していきますので、更なるご支援とご協力をよろしくお願いします。

 

産学・地域共創センター長 髙橋 省吾

サイト内検索